コンテンツへスキップ

Henri Matisse
アンリ・マティス

1869年ノール生まれのフランスの画家。
1887年にはパリで法律を学び、翌年に法科資格試験に合格。その後は法律事務所で勤務した。1889年に母から画材を贈られたことで絵画に興味を持ち、画家への転向を決意。1891年にパリの私立美術学校『アカデミー・ジュリアン』に入学した。
1898年に印象派の画家カミーユ・ピサロの勧めでロンドンに渡り、イギリス・ロマン主義を代表する画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーについて研究。写実的な作品を志したものの、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャンら後期印象派の影響を受け、自由な色彩による絵画表現を追求するようになった。

1910年代になると、幾何学的な構成による抽象的・構築的な作風に変化し、同年代後半から30年代にかけてはニースに移り、優美で官能的かつ開放的な作品を制作。
そうして、線と色彩をシンプルにすることを追求した結果、代名詞となっている切り絵に辿り着いた。
晩年は植物好きが高じて、植物園のように観葉植物に囲まれて鳥たちが憩うアトリエを設け、数々の名作を世に送り出した。

並び替え

4 製品

フィルター

在庫ありのみ表示
価格
まで
アーティスト
在庫ありのみ表示
価格
まで
アーティスト